現在3作目の漫画を製作中です。だいたい表紙と14ページあたりまでの色塗りまで終わっています。
なるべく予定通りに完成させたいのですが、20pくらいになると勢いで作業するのが難しく予定を建てるのが苦手な私には…

2作目の出来でこれは良くないと思った点がいくつかあったので忘れないためにまとめます。

計画

そのままですが、特に問題なのはスケジュールの立て方です。ゆとりがなく一度崩れて諦めモードになりました。
この辺は絵以外にも問題なのでどうにかしたいです。
-予備日を用意する
一軌道修正できず、まぁいいかと停滞してしまうので、楽すぎるくらいの予定でちょうどよいかもしれません。
-進捗をfanboxやTwitterこまめに投稿する
サボり防止や絵の投稿が減ることもなくなります

コマ割り

色々気になったところがありますが、大きい点だけは修正します。技術的な点はまた今度。

  • 委託サイトでは見開きで読まれる
    1pずつ読まれると思い、断ち切り先まで描いていました。左右のページの隙間がなく見づらいため基本枠と大きなコマをメリハリをつけます。
    -話が飛ぶ、流れがない
    好きなコマにセリフをつけようといったcg集の延長のように描き始めたのがよくなかったです。密度が薄いので盛り上がらい。

エロさ

インパクトが弱いのともっとえっちにしたい。
フェチという点では一作目のほうがエロさは出せていたかもしれません。

  • 水滴の表現
    つゆだくまではできなくても、潮や精液などわかりやすいものから始めていきます。
  • 内容を絞り密度を上げる
    1つのフェチでも色んな魅力があるのでそこは薄めないように。
  • きもちいいポーズ
    プロは手の動きだけでもえっちな感覚を表現できるんです。体をよじったり、仰け反ったり色々あります。技術的なこともあるのでできる範囲で。竿役も顔出さなくても快楽を表現できるかも。

効果

テキストも読みにくいしイマイチ盛り上がらいような。
上記のコマ割りのせいもありますが、できそうなことから

  • 効果を増やす
    漫画を見て研究する必要がありそうですが出来そうなことから。ビクビクの表現、もわっとした吐息や空気感は真似出来そうです。バリエーションも増やしていきたい。
  • しゃべらせる
    竿役がうるさいの苦手なんですが、流れがなさすぎるので程よく会話のキャッチボールは必要。盛り上がりにくくもなります。

他にもありますがこんなところにしときます。最低限読み物になるレベルになるように。それができたらある程度好きにしても許されると思うので。

etc

支援やコミッションほんとありがたいです。もちろんいいねや感想ブクマも。 現実逃避でお絵描きを始めたのもあって無駄にしてる感覚が強かったのですが、ちょっと肯定できるようになった気がします。