(追記)
zapierというサービスを見つけました。自動でFANBOXから届くからURLと件名を取得、 それをrssにしたりtweetしたり出来ます。
他にも色々とできるので知っておくと便利です。
このサイトではjsを使わずに静的に表示するようにしました。

pixivやFANBOXからRSSを取得してそれをブログなどに新着情報としてまとめられたらいいなと色々と 調べてみましたが、難しそうだったので半自動でそれっぽいものを作って代用しようと思います。

pixivからはRSSが提供されておらず動的なサイトで自分で取り出すこともできません。 apiを使ってjsonを直接手に入れられるようですが、規約違反なのとプログラミングの知識が必要そうなので諦めました。

ということで今回するのはTwitterへのシェア機能を使って専用アカウントでツイートし、そのアカウントのタイムラインから日付と内容を RSSフィードとして表示しようという感じです。
静的サイトでも動かすことができて、投稿後にシェアボタンを押すだけでの手間いらず。

こんな感じで表示されたものをそのまま投稿していくだけです。

そしてほとんどの作業を外部のサービスにしてもらうのでプログラミングの知識がなくてもできそうです。 ただ予約投稿には対応できません。またオンラインのサービスをいくつか利用するので通信が多いサイトには使えないかも。

今回のサンプル画像、内容が見苦しいのでモザイク入れておきます。日付とそれっぽい見出しとリンクが表示されます。

流れとしては TwitterタイムラインをRSSとして取得→扱えるようにjsonに変換→ブログに表示といった感じです。
javascriptで動かします。

twitterのタイムラインをRSSとして取得

まず専用のTwitterアカウントを作成します。更新した内容のみをつぶやく垢になります。

タイムラインをRSSとして取得するのにはnitterを利用します。
細かい検索を可能にするサービスのようでおまけにRSSを生成する機能もついています。
nitter
インスタンスがいくつかあります。お好きなものでいいと思います。
細かくいえば地域ごとに応答速度が違ったりするかもしれませんが…

作ったアカウントで検索しプロフィールを表示させると右上にRSSのマークがあります。URLをコピーしておきましょう。

RSSをjsonに変換する

さきほど取得したXMLファイルのままではセキュリティのため外部のドメインから利用することができません。
PHPサーバーを使用すれば可能ですがないのでxmlをjsonに変換してくれるサービスを使います。
jsonはjsで使用しやすいデータを格納をする形式のようです。
rss2json
無料だと更新が一時間ごとだったりアクセス数に制限があるようです。小さなサイトだと問題ないのでありがたく使用させていただきます。

アカウント作ります。なくても大丈夫そうですが使用できるフィードが増えるみたいです。。 次に取得したURLを貼り付けて、Advanced optionでcountを増やしておきます。
生成される長いURLから変換されたjsonがもらえます。

phpサーバーと知識があればtwitterのapiから直接jsonを取得できるらしいです。

データを表示する

後はjava scriptを使ってjsonから必要なデータを取り出して表示するだけです。
htmlとjsと整形のためのcssを書いていきます。私はhtmlしかわからないのでこちらのサイトを参考にさせていただきました。 『rss to json』 というサービスを使って RSS フィードを JSON として取得して表示してみよう

JavaScript

さきほどのURLと置き換えるだけで動くと思います。
今回はタイトルと日付を取得するようにします。 日付そのままだとわかりにくいのでは見やすく年月日に並び替えるようにしました。
rss.js

window.onload = async function() {
  var res = await fetch(` rss2jsonで取得したURL `);
  var data = await res.json();

  data.items.forEach(item => {
  var d=new Date(item.pubDate);
   var $post = document.createElement('div');
   $post.innerHTML = `
   ${(d.getFullYear()+'/'+(d.getMonth()+1)+'/'+d.getDate() )}
   ${item.description}
   `;
   $posts.appendChild($post);
  });
};

css

好きに追加してください。今回は高さ200pxでスクロールするようにしています。
rss.css

.news {
  width: 100%;
  height: 200px;
  overflow: auto;
}

html

保存場所や書き方に合わせて変えてください。とりあえず表示させます。
sample.html

<link rel="stylesheet" href="/rss.css"/>

<h1>更新情報</h1>

<div class="news">
  <span id='$posts'></span>
</div>

<script type="text/javascript" src="/rss.js"></script>

作業は以上です。シェアしてみてちゃんと動くか確かめてみてね。

このブログでもトップページに貼っています。
センシティブな内容になっていますので検索で来た方や未成年は見ないように。

まとめ

難しいところは外部のサービスに丸投げできたおかげでそれっぽいものが作れました。 投稿後にシェアボタンを押すだけで更新できるので手間に感じることも今のところないです。

自分の場合はメインはTwitterやピクシブなので作る意味は薄いですが、サークルさんの中にはfanboxやpixivの新着をブログに埋め込みたいって方がきっといると思うのでアイデアとして参考になれば。